bunbuku
bunbuku

公開:平成20年4月25日

ぶんぶく ぶんぶく探検隊トップページへ
リンクフリーです

 旭川ではけっこう市街地でも見かけるらしい。人通りの多いところでも繁殖していると言う話を聞いた。繁殖はハヤブサのような岸壁ではなく、木に作り、カラスの古い巣などを利用するそうだ。
 Nさんによると、秋の電柱が良いようだ。トンボを狙って頻繁に電柱にとまっているらしい。

チゴハヤブサ

もどる
タカ目ハヤブサ科  大きさ オス34cm メス37cm
 分布 ユーラシア大陸北部で繁殖 越冬期は南下 日本では夏鳥として北海道・東北などで繁殖 他の地域では旅鳥として渡りの時期に通過
 ハヤブサより小さいため、稚児(チゴ)隼と名づけられたと言われる。平地から山地の林にすみ、開けた農耕地などで狩をする。飛びながら昆虫や小鳥、コウモリなどを捕らえる。
 ウォッチングのコツ・・・北海道では数は少ないと言われるが繁殖しており、毎年観察できる場所もあるようだ。本州では渡りの季節に通過する。いわゆるタカの渡りで、少数が見られる。

 稚児(チゴ)と言うだけあって、小さめの猛禽だ。名の通りハヤブサそっくりの顔。
 電柱に止まる直前は飛んでいたようで、Nさん奥さんは「2羽飛んでたよ」とのこと。この電柱を探すと、後ろのほうに確かにもう1羽がいた。上の写真がオスで下の写真がメス。
 オスは胸の黒い線が細かく入り、白っぽい。メスの胸は黒い線が太くて茶色っぽい。顔も胸もオスのほうが上品に感じた。オスメスの違いを写真で比較して欲しい。

 いるとは聞いていたが、いきなり登場したチゴハヤブサにすっかり興奮した。
 北海道では夏鳥。もちろん僕は初見だ。
 案内してくださったNさんご夫妻に感謝だ。

 赤い足チゴハヤブサの特徴。ハヤブサは足が白っぽいので、わかりやすい違いだ。
 細くて長い羽も特徴で、こうやってとまっているときは尾羽より長いことがわかる。
 
 でも、なんといってっも魅力的なのは大きな目。猛禽とは思えない愛らしさがある。
 夏の北海道・・・・・。機会があればぜひ探してみて欲しい鳥のひとつだ。

↑ 再びオス

↑ メス

撮影 : 北海道道北地方 (平成20年5月)

bunbuku

↑ オス


inserted by FC2 system