公開:平成20年12月16日

オジロビタキ

もどる

撮影 : 千葉県松戸市 (平成20年1月)

 この写真も「お立ち台」だ。
 好みにもよるのかもしれないが、やっぱり不自然な雰囲気に感じる。
 
 逆に言うと・・・・リアルな「お立ち台」というのは、対象となる鳥のことをよく知っている必要があり、それはそれで極めるのが難しいのかもしれない。


 「リアルお立ち台」・・・・・
 いつか、機会があれば挑戦してみたいような、みたくないような・・・。


bunbuku

 もちろん餌付けされており、頻繁に餌台にやってきてくれた。写真の木は俗に言う「お立ち台」。「お立ち台」とは撮影用に誰かが設置した枝、つまり人為的な止まり木なのだが、撮影してもどこかしら不自然さが漂う。「ないほうがいいのに」と思っていたが、後日同じ場所に出かけると、「お立ち台」は誰かが撤去していた。

スズメ目ヒタキ科  大きさ 11〜12cm  
 分布 ヨーロッパ西部〜カムチャツカ 冬季は南下 日本では数少ない冬鳥・旅鳥
 日本には数少ない冬鳥として飛来。全国的に飛来例があるが、日本海側の島や関東以南での越冬例が多い。
 平地、林、公園などで見られる。成鳥のオスの喉はオレンジ色をしている。メスと第一回冬羽のオスはオレンジがない。昆虫や木の実などを食べる。

 毎年どこかしらに現れ、話題となるオジロビタキ。
 人気がある鳥なので、冬はネット上に情報が出やすく、会える機会も少なくはないはずだ。

bunbuku

 この個体は2007〜2008年の冬にかけて、千葉県松戸市にやってきたもの。
 胸のオレンジがない。メス、といわれていたような気がするけど、若いオスかもしれない。
 オスの喉はオレンジで判別できるが、第一回冬羽のオスはメスに似てオレンジがない。
 ちなみに、場所は大きな霊園。都市公園と同じく、霊園は緑が多いので、鳥もたくさんやってくる。周辺にはビンズイやシメ、トラツグミなど、いろんな鳥がいて楽しめた。

 餌付けされやすい鳥。長く滞在している場合、餌付けされていることが多いようだ。けして多い鳥ではないけど、餌付けされている飛来地にさえ行けばわりと確実に会えるだろう。
 餌付けはミルワームなど。虫などを好んで食べる。

bunbuku

 魅力はなんと言ってもこの愛らしさ。
 シックな色合いとあいまって、その表情やしぐさは愛らしいの一言。

ぶんぶく ぶんぶく探検隊トップページへ
リンクフリーです
bunbuku
bunbuku
inserted by FC2 system