bunbuku
bunbuku

ぶんぶく探検隊10万アクセス達成!!
 
ありがとうございます!!

今回は10万件を記念して
じいちゃん先生&隊長クマゲラ取材だ。
クマゲラは、キツツキの仲間だよ。
日本では
北海道東北北部だけにいる貴重な鳥
森林の減少とともに数を減らし、
絶滅危惧種となっている。
今回は
隊長の取材。
その貴重な生活の息吹をそっとのぞいてみよう!

  

 5月に知床で「ヒグマ」を観察し、鶴居村の宿でじいちゃんと休んでいると、じいちゃんの携帯電話にいきなりN夫妻からの緊急連絡
 が・・・じいちゃんは用件も聞かず「今ヒグマの親子を観察してきたよ。」
「え? ・・・同じクマでも、違うクマ!?」 
 なんだか変な電話・・・。

 電話が終わってじいちゃんに確認すると、Nさんご夫婦が、なんと
クマゲラの巣作りを見つけた、ということだった。でも、車が通る道のすぐ脇だから、無事に卵を産んでヒナを育てるかわからない、どうやったらクマゲラを守れるか、という相談らしい。
 守りたい・・・・と言われても、僕はすぐに関東の鳥事情を思い浮かべた。
 関東ならば、車から鳥を守るというより、大勢のカメラマンから鳥を守るということが先決だ。うーーーん、なかなかやっかいなことに思えるぞ。

 とにかく、翌々日、そこに同行させていただくこととした。


 そして当日、Nさんの運転する車で僕らは現地に向かった(じいちゃんは所要で不参加)。
 現地は事前にお話を聞いていた通り、車の通り道のすぐ脇のトドマツに大きな穴が開いている。
 「こ、これですか?」
 「そう。ほら、今巣を掘っているよ」とN夫人。
 とんとんとん、とリズミカルな音が聞こえる。
 「ほんとだ!」と声を上げたとき、いきなり
クマゲラが顔を出した。

ぶんぶく ぶんぶく探検隊トップページへ
リンクフリーです

(2008.11.1公開)

bunbuku
bunbuku
bunbuku
bunbuku
bunbuku
bunbuku
bunbuku
bunbuku

 オスが巣を削り始めた。メスよりもパワーがあるから、削る音が大きい。
 しばらく観察し、地元の方が待っていてくれたので、挨拶をして帰路につく。
 Nさんご夫婦の想いが地元の人にもクマゲラにも伝わったんだな、としみじみする。

 そういえば、地元の人が「テープだけでは心配なので張り紙を張る」といっていた。あんまりオープンにしないほうが良いように思ったので、「鳥の巣あり」くらいで良いのでは、と地元の方に伝えた。どうしても関東流鳥見を思い出すと、情報は控えたほうが良いと思う。

 そして後日、その張り紙の写真をじいちゃんに送ってもらった(↓)

 メスと一瞬目が合った。長時間の巣穴掘り、ごくろうさま!
 きっとお腹をすかせているに違いない。

 1時間ほど観察した頃、メスがこうやって巣の入り口でじっとしている場面が増え始めた。
 「オスを待っているんだよ。でも、前回は30分ほどで交代していたから、今日はオスがなかなか戻ってこないね。」と旦那さん。
 「近くにオスがいたら鳴き声でメスに居場所を伝えるんだけど、今日は鳴かないね。まだ遠くにいるのかな」とのお話・・・。
 オスの身に何かあったんじゃないかと心配になる。

 さらに数十分、やっぱりオスの鳴き声は聞こえず、戻ってくる気配はまったくない。
 その時、車のすぐ上を真っ黒い影が低空で巣穴に飛んでいった。


 ・・・・・・
オスだ!!

 えいっ!と木屑を巣の外に放り投げる。
 そしてまた巣穴掘り。たいてい15分は巣穴を削り続ける。これは重労働。完成したら80cmの深さになるそうだ。絶え間ないトントンが静かな森に響き続ける。

 今、巣作りで巣穴を削っているのはメスだ。
 頭の赤い部分がオスに比べて小さい。。
 ひとしきりトントンとクチバシで掘り進み、木屑がたまったら入り口に運んで・・・・。

 うほほ〜い、ひさびさのクマゲラ
 直径40cmほどの
トドマツの枯れ木に7〜8cmの穴が開いている。それが巣の出入り口である。車の中で急いで撮影準備をしていたら、Nさんご夫婦が「よかった、よかった」と話している。
 「この前来た時、地元の人に保護できないか相談したの。今日は木のまわりにテープが張られているでしょ。きっとその人がやってくれたのよ。」 とN夫人。
 なるほど、
木のまわりには黄色いビニールテープが張られている。
 そこに年配の男性が近づいてきた。Nさんご夫婦が挨拶を交わしている。どうやらNさんが相談した地元の方だったようだ。
 その男性によると、その筋の専門家のところにクマゲラ保護のアドバイスを求めたので、もう安心だとのこと。
 おじさんは「今、テープを張り終えたところだけど、テープがちょっと木に近いから、もう少し木から離して張りなおします。撮影が終わったら声をかけてください」、「テープだけではわかりにくいので、張り紙をしようと思ってます」と話される。
 Nさんが「今、車をどかしますよ」と答えたが、おじさんは「撮影が終わってからでいいですよ。ゆっくり撮影してください」と言ってくれた。
 よしっ! 心置きなく観察と撮影ができる。僕とN夫人は黙々と撮影をはじめる。旦那さんは運転席から双眼鏡で観察だ。

 オスが少しだけ時間をかけて、慎重に巣穴に入る。どこまで掘り進んだか確かめているようだ。
 

 いきなりメスが飛び立った。息を飲み込んだままシャッターを切る。

 オスは巣穴をのぞき込む。さあ、メスと交代だ。

 メスが巣穴から顔を出した。安全を確かめているようだ。


bunbuku

    えーーー!

    
そのまんまかよ!!


 これでクマゲラを守れるのか?と思ったが、このクマゲラ夫婦は無事、子育てを終え、3羽のヒナが元気に巣立っていった。その様子は続編でお伝えするが、こんなオープンな張り紙でも、地元の人たちは静かにクマゲラの子育てを見守ったのだ。
 ・・・・・・でも、この張り紙が当たり前のことのように思えた。

 関東流が感覚を麻痺させる、ということにようやく気づいた。

 ついにオスが巣穴に帰ってきた。
 メスより一回り大きい。頭の赤が鼻まで伸びている。
 たぶん、車のすぐ後ろで様子を見ていたのだろう。鳴き声が聞こえなかったの車を警戒していたためか。

bunbuku
もどる

by  隊長 編

交互に巣作り クマゲラ夫婦
クマゲラ夫婦の子育て奮闘記

関連記事 →

交互に巣作り・・・クマゲラ夫婦

平成20年5月6日(北海道道北地方)

inserted by FC2 system