雰囲気のある2羽。
兄弟なんだか夫婦なんだか、良くわからないが・・・。

bunbuku

カルガモ2 

もどる

撮影:埼玉県杉戸町(平成23年8月末)

夏留鴨と書いてカルガモ。
日本で越夏するのでこの名がついた。
他のカモ類と違って、まさに真夏でも普通に見ることができる。
田んぼで暮らしているので、人に対しての警戒心も弱い様子。

bunbuku
bunbuku

8月の終わりに5〜6羽で田んぼにいた。
たぶん親子なんだろう。
もうじき稲刈りだ。

ぶんぶく ぶんぶく探検隊トップページへ
リンクフリーです

なんかいい感じ・・・。

(公開:2011.10.29)

inserted by FC2 system