bunbuku
bunbuku
bunbuku
ぶんぶく ぶんぶく探検隊トップページへ
リンクフリーです

 あっ。

 ツシマジカ、写ってた!
 目だけだけど・・・・・・。

(2012.8.31公開)

2009年5月 対馬探検記4 〜第二日目ダイジェストB〜

 あれれ、やっぱりキクガシラコウモリだ。
 未見種の期待は外れたが、近距離の撮影は成功。
 

bunbuku

 よっしゃ〜!

 ツシママムシ!!

 

第2日目(5月2日)B

 夜は前日とコースを変えて林道5時間コース。
 まずはヘビを1種でも押さえておきたいところ。
 はじめのポイントは昼間アムールカナヘビツシマサンショウウオを見つけた林道。
 サンショウウオポイントを少し奥に行くと、いきなりヘビの影だ!
 さて、種類はなんだろう?

 

bunbuku
bunbuku
bunbuku
bunbuku

 そして夜の部もそろそろクライマックス。
 哺乳類探しに切り替えて、上のフンが落ちていたトイレ(前編参照)に向かう。
 コウモリはいるだろうか? いれば未見種の期待も高まる。
 真っ暗なトイレに着き、そっと天井をライトで照らすと・・・・。
 予想してた通りちょっと大きめのコウモリがいるぞ! その正体は???

 本州に住むマムシとは別種。
 会いたかった対馬固有のヘビ!
 見たところ、色が薄く、マムシ独特の小判模様も近づくまでわかりにくい。
 とりあえず、爬虫類の目標、2種目の達成!

 そして前夜と同じところで再び2頭のイノシシ。
 状況からいって同じ個体で間違いないだろう。
 あとはツシマテンとツシマジカなのだが、これがなかなか手ごわい。
 姿はよく見るのに、撮影ができないのだ。
 今回もダメかも、と思っていたら、針葉樹林の奥に動かないツシマジカを発見。
 警戒はしてるが、まだ逃げ出さない。撮影のチャンスだ。
 
 たぶん撮影は1回のみのチャンス。フラッシュで逃げ出すだろう。
 そう思いながら、ライトの暗い光の中、手動でピントを合わせているうちに・・・・。
 あれれ、急に後ろを向いて山を駆け上った。
 あっという間に姿が見えなくなったが、どうにもあきらめきれない。
 ツシマジカが消えた方向に向けて、むなしくシャッターを切る。

 いきなりツシマオサムシ!!
 昆虫類は低調だったので、固有種に興奮!
 いや〜〜、よかった!

 くすんだ感じの色合い・・・。
 こいつはもしかして・・・・?

 そーーーっと接近!
 

 マムシのあと、さらに林道を進んだところでトンネル発見。
 休憩中のコウモリを探す。
 すると、出口付近で狙い通り、壁にへばりついているコウモリを発見。
 なんだろう・・・。肉眼では同定できない。
 撮影して写真で顔を拝むが・・・難しい。でも、見たことある顔。

 あ〜〜、なんかアブラコウモリっぽい。
 翌日、図鑑で調べたが、やっぱりアブラコウモリみたい。
 対馬なんだから未見種を期待してたから、これはこれで想定外で良しとしよう。
 

bunbuku

 続いて弱ったオオスズメバチとか・・・。

 超巨大なアシダカグモなどを追加しつつ・・・。

inserted by FC2 system