もどる

カミクラゲ  (たぶん・・・)


花クラゲ目キタカミクラゲ科  大きさ 傘の直径 10cm 日本固有種 分布 青森〜九州の太平洋沿岸
 たくさんの髪の毛のような触手が特徴の日本固有のクラゲ。発生は冬で、12月〜5月。赤い眼点が触手の根元にあり、光などを感じ取る。生活などの詳しいことは不明だという。
ウォッチングのコツ・・・・冬から春まで太平洋の内湾で見られる。触手に触れると刺すが、無害。
bunbuku
ぶんぶく ぶんぶく探検隊トップページへ
リンクフリーです

 友の悲しい姿をながめながら、僕の頭の中はビールおでんでいっぱい。

 カミクラゲもうまいのかな・・・・・・・。

 カミクラゲには毒がない。だから僕もフレンドリーにできる。

撮影 : 千葉県葛西臨海公園 (平成20年4月)

 たぶんカミクラゲ・・・。ちょっと自信がないけど。
 カミクラゲには毒がない。安心、安心。
 名の由来は触手(足)が髪の毛みたいだから。
 でも、どうも髪の毛には見えない。おでんの具に見えるのは僕だけか。
 ・・・・・シラタキとかコンニャクとか。

bunbuku
bunbuku

こんなことしたりね。






フレンドリーな僕ら・・・・。

 時々、浜に打ち上げられる。皿からこぼれたように・・・・。

inserted by FC2 system