ぶんぶく ぶんぶく探検隊トップページへ
リンクフリーです
もどる

トウホクサンショウウオ   2010年産卵・福島編 


 サンショウウオ目(有尾目)サンショウウオ科(日本固有種) 大きさ 9〜14cm 
 分布  本州 栃木以北 
 東北、北関東地方にすむ代表的なサンショウウオ。山林、湿地帯にすんでいる。基本的には水がたまっている側溝や池に卵を産む(止水性という)が、わずかに流れのあるところに産むことが多い。透明なひも状の卵で、縦じわがある。冬は冬眠する。産卵は3月から6月。
 ウォッチングのコツ・・・サンショウウオのウォッチングは意外と難しく、成体(おとなの個体)は林の湿った石や枯れ木をひっくり返したときに偶然見つける程度である。狙って探すならば早春。産卵地を探す。産卵地は山の中でちょろちょろと水が流れているような側溝や池。卵は3週間くらいは孵化(うか)しないので、成体よりははるかに見つけやすい。夏に見に行けば小さなサンショウウオが見られるし、翌年の早春に行けば成体が見られるかもしれない。
bunbuku
bunbuku

↑ トウホクサンショウウオの産卵

 と思っていたら、ついにその場面を発見!!

 まさに産卵中!・・・・・・すごい。


 まさか5月中旬にトウホクサンショウウオの産卵場面に立ち会えるとは・・・。
 僕の中でも最も遅い産卵の確認となった。

 驚かさないように写真は2枚しか撮らなかったけど、ひどいピンボケ。
 

(2010.7.30公開)

↑ 卵と成体

 あれれ。
 今度はおなかの大きな成体と卵塊だ。
 まだこれから産卵する個体がいるのかもしれない。

 さらに探すと何匹もの成体と大量の卵塊が見つかった。
 しかも、どの卵塊も新しい。
 これは、ちょうど今が産卵の時期ということか?

 さらによく探すと、卵塊が見つかった。
 これ・・・・・どうみても新しいよな。

↑ トウホクサンショウウオの成体

 今回はトウホクサンショウウオ福島県南会津の産卵地。
 
 雪の深い地方ではトウホクサンショウウオの産卵は遅くなるはず。
 5月中旬ではさすがに今が産卵と言うタイミングではないだろうが、産卵直後ならば成体がいるかもしれない。
 ちょっと調べてみよう。

bunbuku
bunbuku
bunbuku
bunbuku

 どうみても産卵直前と思われる、おなかの大きなメス。
 も、もしかすると、産卵場面が見られるかも・・・・。
 想定外だったけど、期待は一気にMAXだ!

↑ たくさん見つかる卵塊

↑ 卵塊と成体

↑ トウホクサンショウウオの卵

撮影 : 福島県南会津 (平成22年5月15日)

 森の奥の林道の車止めの近くにある集水枡。
 のぞいてみると、さっそくトウホクサンショウウオの成体。
 なぜトウホクサンショウウオとわかるかというと、昨年、同じ場所で卵を確認しているからである。

 あれ・・・・・?
 なんかおなかが大きいな・・・。
 産卵前の個体????

inserted by FC2 system