モリアオガエル

 場所は南会津。
 出会いに何かエピソードがあるわけではない。
 深夜、フラッシュを使わず、ライトを当てて撮影しただけなのだが、なんか雰囲気が良い。
 このカエルの鮮やかな緑と端正な横顔がうまく撮れたような気がする。

 久々のモリアオガエルの登場だ。
 生息地では夜の道を移動していたり、街灯の下で虫を待ち構えている姿を良く見る。
 今回はいつもと違う写真に挑戦したので、紹介しよう。

 よく見かける生き物でも、距離や角度を変えて観察するだけで新鮮な発見があるものだ。
 もちろん子どもには、手で触れるところから生き物とのふれあいを始めてほしいけどね。

(公開:2010.12.21)

ぶんぶく ぶんぶく探検隊トップページへ
リンクフリーです
bunbuku
bunbuku

撮影:福島県南会津地方(2010.8月)


 無尾目アオガエル科(日本固有種)  大きさ 4cm〜8cm  分布 本州
 森の中の池や湿地などにすんでいる。泡に包まれた卵を木に産み付けるの。虫を食べる。4月から7月にかけて繁殖。冬は冬眠する。メスがオスをおんぶして、水の上にある木の枝先で卵を産む。泡立てながら産むので2時間くらいかかる。体色は地域によっての違いがあり、緑色のものと、緑に茶褐色の斑点が入るものがある。よく似たシュレーゲルアオガエルと比べ、モリアオガエルのほうが大きく、目のまわり(虹彩)がオレンジ色なので、区別がつく。
もどる
inserted by FC2 system