ぶんぶく ぶんぶく探検隊トップページへ
リンクフリーです

(平成20年11月30日公開)

オオアメンボ

もどる

 カメムシ目アメンボ科   大きさ 19mm〜27mm(体の部分)  分布 北海道 本州 四国 九州
池や沼など、水があまり流れない水辺に生息。水面に落ちてきた他の虫などの体液を吸う。日本最大のアメンボで、足を伸ばすと10cm以上となり、真ん中の肢だけでも6cmを越える。幼虫は5回脱皮を繰り返し、成虫になる。
成虫のまま水辺周辺で越冬する。体色はたいてい黒色。他のアメンボとは大きさが違うので、見分けることができる。

こいつはでかいぞ、オオアメンボ。足を入れると10cmを超えるサイズ
もう薄暗くなった田んぼの脇の水路で網を入れると、産卵間近のヤマアカガエルが20匹近く入る。産卵が近いなぁなんて思っていると、こいつも入っていた。暗いし、写真を撮る間がなく、しかたなく連れ帰る。

 ねっ、でかいでしょ?
 こうやって図ると10cmを超えるサイズ。中肢だけで6cmだ。
  
 オスはテリトリーを作り、メスを待つ。そのテリトリー争いをオス同士でする際、なんと足の長さ比べをするという.。

 福岡県で絶滅危惧U類。他に5県で準絶滅危惧種だ。少ないという虫ではないので、その気になって探したら見つかるのでは。見つけたらぜひ、手にとって大きさを感じて欲しい。
bunbuku

 これでどうだ!!
 

撮影:栃木県那須塩原市(平成19年5月)

 でかいでしょう! と自慢したいけど、写真じゃわかりにくい?

bunbuku
inserted by FC2 system