シロマダラ   〜 シロマダラの森2 〜

bunbuku
もどる

 おおおおおおおおおおおおおおおっ! 

 なにこれーーー!?
 

 ヘビ亜目ナミヘビ科  大きさ 30cm〜70cm  分布 北海道(札幌周辺など、一部)、本州、九州、四国、その周辺の島々(奥尻島、佐渡島、隠岐島、壱岐島、屋久島、伊豆大島など。南西諸島には生息しない
 白と黒の横帯が背中にバンド状に入る。幼蛇も成蛇と同じく白黒の模様だが、頭部の首の付け根側に大きな白い斑紋が一対入る。この白斑が名の由来になっているらしい。他のヘビやトカゲ類を食べるとのことだ。
 山地から平野部まで生息しており、夜行性。
 会いにくいヘビではあるが、大雨の深夜の路上で複数の個体を観察したことがあり、けして会えないヘビではない。

(公開:2010.7.17)

bunbuku
bunbuku

 おーーーーっと、まだまだ近づいてくるっ!

 えーーーー!!

 シロマダラがどんどん近づいてくる!?

 写真には写っていないが、舌をピロピロ出しながら・・・・。
 目が青白くにごっている。たぶん脱皮直前だ。
 シロマダラは孔の中で脱皮していることは間違いあるまい。

 えっ?

 な、なんと、カメラ目線シロマダラと目が合った。
 

 さらに別の抜け殻(↑)。
 これも小さいのでシロマダラだろう。
 ていねいに孔(あな)をひとつひとつ調べるも、成体が見つからない。

 調べる排水孔も残り2〜3本というところで、ようやくシロマダラ確認!

 

撮影:平成22年6月27日 栃木県南部

関連記事一覧

bunbuku

 孔の中にはなんと、もう1匹のシロマダラ(↑)が潜んでいたのである。

 続きは次回・・・。

 山道沿いのコンクリート崖にある排水孔にシロマダラを探しに行った。
 以前紹介した栃木県南部「シロマダラの森」である。


 1年おきくらいのペースで現地の状況を確認しているが、いるときもあればいないときもある。
 なぜ、昼間から何匹ものシロマダラがこの排水孔に集まるのか・・・?
 以前の記事では繁殖に関連する行動なのかな、と思っていたが、2年ほど前に爬虫類に詳しい栃木の方から、「シロマダラは他の爬虫類を食べるヘビなので、トカゲなどを狙って排水孔に集まってくる」と教えていただいた。

 なるほど!
 トカゲなどを狙うシロマダラ・・・。
 なんとしても、その様子が見たい!!
 
 と言うのが、今回の大きな目的である。

ぶんぶく ぶんぶく探検隊トップページへ
リンクフリーです
シロマダラの森

シロマダラ2・福島県

シロマダラの森2

シロマダラの森3
bunbuku
bunbuku
bunbuku
bunbuku
bunbuku

  うぉーーー!! 
 
 カメラにぶつかっちゃう

 と思った瞬間、シロマダラはあわてて向きを反転し、孔の奥に逃げていった。

 エサとまちがえたとしか思えない。
 シロマダラカメラをエサの小動物と思ったに違いない!


 シロマダラは孔の中でエサのトカゲなどを待ち構えている
 これはたぶんまちがいないぞ!

 びっくりしたけど大収穫。
 ところが・・・・サプライズはまだまだ終わらない!

よし! さっそく作戦実行だっ! 

作戦とは、トカゲに見立てた枯葉をシロマダラの前でヒラヒラさせるというもの。
 シンプルだが、何らかの反応があるような気がするぞ。
 
 しかし、あまりにも無防備に孔(あな)の中でくつろいでいるシロマダラの顔を見ていると、作戦の前に記念撮影をしたくなった。
 うーーーん、少し迷ったが、まずは1枚だけ記念撮影だ。
 僕はそーっと孔にカメラを近づける。

 す、すると・・・・・・

 現地に着くと、いきなり小ぶりなヘビの抜け殻(脱皮した皮)を見つけた。
 サイズ的にシロマダラのような気がする。

inserted by FC2 system